2017/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


夏の終わりの日曜日の早朝、に降る雨の音を聞いているさ
今この世で生きているのは、俺と新聞屋さんだけ
雨水が砂利道の間、溝を埋めて素敵
蜂蜜 蜜蜂 見当たらないけど 北半球の揺り籠

あのときの気持ちを忘れちゃった?
もうこのまま離れないって言ってたことや
信じてもいなかった神に祈った日
それはちょっとした疲れからくる少しの休息だろ?
俺は知ってるよ
体温は冷ややか でも心は新緑の候

愛の物語 眠っている君に話しかけた
ふわふわのワッフル 布団に包まれた君は生クリームの皮膚
冷やされた空気の部屋の中で 冷凍冬眠してる

僕は鋭いナイフ 君のフレッシュなクランベリージュースをえぐり出す
えぐり出す
えぐり出す
それと俺のスプーンフル


スポンサーサイト


comment

やないさんの言葉が表現する世界、
すきです。

  • moon
  • 2013/11/02 11:15 PM