2017/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


IMG_4915.jpg

身体から伝わる酸素の潤いと
青く輝く太陽の中で、踊ろう

君の心臓には
赤い半透明な結晶
流れるルビーの燃える光と
銀色に輝いた鋭利な瞳のシャボンランチャー

欲しいものはすべて
僕の目の前に泳いでいた
柔らかなプールに浮かんだ
水泡を優しくすくいあげた

風が優しく触った君の肌は潤い
ぬめった水溜りの粘土は輝いていた

森の中に浮かんだ
オアシスでいつまでも漂っていよう
緑のカーテンに隠れて
秘密のお遊戯を作ろう

飛ぶ鳥達の勢いは
朝まで続くカーニバルのダンス
36度の体温に
淡い想いは36度の体温に

心のオレンジ
瞼のざわめき

子ども達の声
夏の狂騒に混ざって元気
自転車のペダル回して風が回り
砂から顔を出した蟻
ベンチに座ったお年寄り
夏の始まり 憂いは遠ざかり

フレッシュ 
色を鮮やかに照らす太陽

夢のカプセルは解き放たれた
冷たいソーダ、水はじけて現れた夢の数々
無邪気な笑顔の君は、まるで、僕のひまわり、のよう

濡れた髪が素敵
笑い声が素敵
はしゃぎ方が素敵
薄く焼けた肌が素敵

まばゆい蜃気楼の中で泳ぐ君は
乱反射する水面に照らされた君は
見上げた太陽の中で笑顔を見せる君は
唇燃え上がるようにはれる夏の暑さの中で
僕にささやく君の言葉は
恋の奇跡の魔法がかけられたシュガーのアイスであった


スポンサーサイト


comment